FC2ブログ

スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング参加中♪
↓ぽちっといただけると喜びます(^^)

↓こちらもぽちっとよろしくです
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

読書感想文

2013-09-19(Thu)
なかなか感情剥き出しの作品でした。

肉欲に溺れていく様子も、嫉妬に狂う様子も、狂気に堕ちていく様子も、どれも生々しく、どす黒いものばかり。

麻理子の利己的な浅ましさは、はっきりとは理解できないまでもそうなっちゃうこともあるよね、と一定の理解はできてしまうことが哀しく、彼女はどんな状況下においても自分が中心でないと満足できないという性質もオンナのサガが如実に現れているようで痛々しかった。

それにしても、あんなにまでカラダの相性だけで高まるものなんだろうか。
愛情はなかったと言いながら、求めあい惹かれあっていれば、それはいずれ愛情になるのか、
どこまでも肉欲に支配されただけの哀しい関係だったのか。
だから彼女はあんなにも利己的だったのか。

どうしても女の目線で物語を読んでいくから、男の激しい嫉妬や欲望に溺れていく悲哀よりはそっちに興味が湧いてしまう。

少し引いた目で見れば、尾形も麻理子も似た者同士だったかもしれない。
なんとかなると楽天的に考え、都合のいいように思考をするタイプ。
それくらいの開き直りがないとやっていけないけどね。

三者三様に被害者で、三者三様に加害者で、救いがない、殺伐とした物語だった。

それまでの荒々しさが嘘のような穏やかなラスト。
尾形としてはある意味それ以外に救われる道はなかったし、フラットな立場で読んでいればよかったね、と思えたと思うけど、少し偏った立場になってしまう身としては麻理子のその後はやはり少し寂しい。

一瞬救われた後に落とされたから余計かな。
二人を結びつけていたものは愛情であったと思いたかったのだ、きっと。



「夜の私は昼の私をいつも裏切る」草凪優
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!


ランキング参加中♪
↓ぽちっといただけると喜びます(^^)

↓こちらもぽちっとよろしくです
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

小松紅麻

Author:小松紅麻
ハンネ:小松紅麻(コマツクマ)
名前:後藤清美
陽だまりのようにあたたかな主従関係に日々感謝と幸せを感じています。
主様への想い、主様とのことを中心に書いてますが、いろんなことを書いてます(笑)
ちなみに「主様」は「ぬしさま」と読むんだそうです(笑)

コメントいただけるととても喜びます(^^)

mixiをよくウロウロしてますので見かけたらお気軽にどうぞ。

小松紅麻はかなりぽっちゃりしています。
お見苦しい画像をたまぁに掲載してます。

リンクフリーです。
相互リンクも大歓迎です(*^^*)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
主様との日々
ランキング

blogram投票ボタン
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。